どんな人でもお金が借りられますか

キャッシングやカードローンの利用者は多いですが、
どんな人でもお金が借りられますかという問いに対しては、
やはりいくつかの条件が必要といわざるを得ません。
では、どのような人がお金を借りられますかといわれると、
継続的に安定した収入がある人で、これまでに債務整理や
長期的な滞納などの金融事故を起こしていない人が有利ということになります。

誰でも借りられるなどを謳う業者がある

しかし、業者の中にはどんな人でもお金が借りられますかという問いに、
誰でも借りられますと答えるようなところもあります。
いわゆる金融事故を起こして信用情報に傷がついているような人や、
就職したばかりのアルバイトの人、あちこちの職場を転々としているような
人でも利用可能となっているような業者の場合には、
正規の業者ではなかったり、通常の業者よりも利率が高く設定されているなどの
問題があるケースも珍しくありませんので、簡単に申込まないようにしましょう。

融資する側の立場に立つと審査基準が分かりやすい

実際に自分が融資をする側の立場として考えたときに、
これまでに支払いが滞納していた人や、破産などで借金をなくされた人、
あちこちに仕事を変わって収入が不安定な人がお金が借りられますか?
こういった人から回収するためには、金利を高くしたり、
相手だけでなくその家族や周囲の人にまで請求をしたり、
半ば脅すような態度で支払いを要求するといった違法行為を行う可能性が高くなるのです。
利用するときにはそのことを忘れずに、まず自分の信頼性を上げるよう努力しましょう。